2015年12月31日木曜日

2015 総括

久々のブログです。
今年に何があったか軽く振り返ろうと思います。

まず一つ目に大きなことは今年がフリーランスとしての独立の年でした。
以前から20代後半になる前に何とか自分の力だけでやっていく力がなければこの先も無理だろうなと感じていたので、タイミング的にはギリギリで達成という感じでしたが、今のところは何とかやっています。不器用で未熟ながら、今まで音楽をやってきたことが糧になっていることを実感できました。

まあ今年を乗り越えたところで、興業の世界ですからこの先どうなるかなんて分かりません。僕の命運が尽きればそこまででしょう。ですが、何か漠然とこの先に続くような感覚があるので、自分の音楽を信じて頑張る所存です。死ぬまでやりたいですしね。

音楽活動自体の話でいえば、年の前半はろくに活動していなかったので表立ったことは特にないのですが、秋には久々にLaqsheでシングルを出すことができました。これは正直嬉しいというかリリースできたこと自体にホッとしています。秋口がちょっと別件で忙しくて、日が近づいてくるとシングルも出せるかどうか怪しいようなスケジュールだったので…。

Laqsheは僕のライフワークであり、唯一の中心的音楽活動でもあるのですが、やっと2人の息が合ってきてユニットっぽくなってきたなと思いました。いや、もう発足からかれこれ4年、きよの女史と一緒にやるようになって丸2年以上経ってるんですけど。でも、本当は最初から今のような感じでやりたかったんですよ。それが最近やっとできるようになった。それも純粋に喜ばしいです。

今のところ1年1枚とリリースが遅くて楽しみにして頂いている人には本当申し訳ないと思っていますし、自分ももっと活発に活動していきたいと思っています。なので、2016年は期待してください。今まで以上に良い音楽を聴かせられるように精一杯努力します。そして、春には良い報告ができる予定ですのでそれに向けて邁進したいと思います。

秋には音楽制作だけではなくて、演奏活動も再開しました。バンドもやることが決まりました。これからはもっとBassプレイヤーとしての活動も積極的に行っていきたいですね。

なんというかこう振り返ってみると、今年は長い停滞からやっと生き返るような、長い冬が明けるのを待ち終わるようなそんな年でした。飽くまでもまだ起点という感じで、不安も期待も入り交じるような。

そんな明け方のような気分で2016年を迎えます。
今年こそ幸せになれますように。

2015年12月3日木曜日

C89出ます

さてさて、まだM3やらの余韻が残る冬の初めですが…。
Laqsheとして12/31の冬コミ3日目(C89)に受かっていましたので参加します。
スペースは東ブロック サ-47bなります。

今のところの感じですと旧譜中心のラインナップになりそうかなという予定です。
M3で買えないCDなどがあった方には再度入手のチャンスです。

今年も残り僅かとなりましたが引き続きよろしくお願いします。

2015年11月8日日曜日

『金魚掬い』委託開始しました

先日のM3で頒布しましたLaqsheの新作『金魚掬い』ですが、あきばお〜さんにて委託販売が開始されました。

コチラより購入できます。

当日完売で入手できなかった方や遠方の方は是非この機会にゲットして頂ければと思います。
長らく在庫がなかった『揺れ動く』も在庫が復活しているようですのでそちらも併せて…。
(今回は納品の数があまりないので、お早めに)

2015年10月26日月曜日

M3秋御礼


M3秋、無事終了致しました!
Laqsheは新作『金魚掬い』を引っさげての参加でした。

前作を出したとき以上に沢山の人がスペースへお越しになりまして……なんと昼過ぎには新譜どころか旧譜まで全て完売というLaqshe始まって以来の出来事となりました。

新作は反響をうかがいつつ、そこそこ枚数が出ると思ってそれなりの数を用意したのですが(手焼きだったので用意が大変でした)旧譜はリリースしてから1年以上経っているものなのでそんなに枚数は出ることないだろうと思っていて、そこまで枚数は用意していませんでした……。
いやはや、過去で一番売上枚数が出たイベントとなりました。それに関しては純粋に嬉しいです。

とはいえ比較的早い段階で売り切れてしまうアイテムが続出したので、午後からイベント参加の人でCDを買えなかった方がかなり居るような感じでもあったのではそこは非常に申し訳ないと思いました。
次回のイベントでも持ち込む予定ですし、そう遠くないうちに委託通販もやりたいと思っているのでそちらをお待ちください。

まだ当落の結果が出てないので何とも言えないのですが冬コミにも申込をしています。
そちらが受かれば次回のイベントは冬コミになる予定です。

そういえば、youtubeにもワンコーラス聴けるショートMVがあがったようです。
まだの方は是非。

2015年10月24日土曜日

Laqshe新作『金魚掬い』



ブログ書くのが久しいなという感覚になりつつある今日このごろ…。

1年ぶりのLaqsheの新作、『金魚掬い』を10/25に開催されるM3でリリースします!
5枚目のシングルです。こちらの特設ページで試聴できます。

春頃にはデモが数曲あったものの、具体的に次にシングルでやりたいことのプロットが固まっていなかったので『揺れ動く』以来1年ぶりの新作となってしまいました。
自分もここ2ヶ月ほど別の仕事が立て込んでいたこともあり、スケジュール的には結局ギリギリになってしまったのですが、なかなかクオリティの高い曲が作れたと思います。

レコーディングの最中、特にヴォーカルであるKiyonoの実力がかなり上がったなあと思いました。
今ままでは自分なりのやり方を互いに寄り合ってなんとかやっていた感があったのですが、曲の作り方、それに乗っける歌の掛けあわせが今までで一番上手くいったんじゃないかなあと。漠然とはしてるんですけど。
一度Laqsheが休止してから再開して…彼女には今までCDでいうと4枚分歌ってもらってるんですけど、やっと勝手が掴めたという気はしてきました。
まだまだ色んな事がやれる確信があるので更に音楽として昇華していきたいです。

さてさて、新作の初リリースは先に書いたとおり今週末のM3です。
東京流通センター(TRC)の第一展示場 D-24bでお待ちしております。
旧譜なども持っていく予定ですので買い逃していた方は是非!(→M3詳細

2015年5月13日水曜日

M3お疲れ様でした


少し日が開いてしまいましたが、M3お疲れ様でした!

今回は新譜なしということでちょっとおとなし目なLaqsheスペースでしたが、予想に反して旧譜を手にとって頂いた人が多く、持ち込んだCDも殆ど捌けてしまいました。感謝感謝です。
(ちなに手前は今回初グッズであるiPhoneケース)

自分は殆どスペースで店番していたのであまり会場をぐるっと見て回る時間もなかったんですが、ここ数回で回を重ねるごとにM3も大きなイベントになっているなと思いました。ここ5年ほどはTRCという同じ会場にも関わらず、一般参加者の数が特に増えているなという印象です。今までのM3の印象だと、午後の1時を回るとすっかり人波も収まって静かになるイメージでしたが、最近は午後になっても会場内の人数が減ることなく賑やかなままだなあと。

自分が初めて一般参加した09年と比べると別規模のイベントですね。当時は企業やフリースペースもレギュラー化していなかったし、サークル数も400前後だったので。

------------------

さておき、Laqsheの今後の活動ですが、もちろんアルバムの制作は進行中です。

現在制作中のアルバムは、既存曲と新曲が半々くらいの割合になる予定なのですが、既出の曲もやはりいま聞き直すと恥ずかしくなるような稚拙な部分がちらほらあり……なので、アレンジから見直しをして、もう一度曲を1から作るぐらいの気持ちで再録編集をしています。

まあ、そんな作業の繰り返しなのでちょっと時間が掛かってしまっています。ですが、確実に納得してもらえるクオリティまで引き上げて皆様にお聴かせしたいと思いますので、何卒お待ちいだければと思います…!

ではでは、またのちほど。

2015年2月18日水曜日

M3春

どうも、Shin Sheenaです。
さてさて音楽活動のほうがご無沙汰でしたが、4/26に東京流通センター(TRC)で開催されるM3 2015春Laqsheとして参加することになりました。
スペースは第一展示場 I-07b です。

秋に引き続きLaqsheでの参加です。
今のところLaqsheでは年2回のM3を軸にして割とマイペースで制作に集中しようと思っているところですので、あまりコンスタントにリリースできるかどうかは何とも言えない感じなのですが、秋の『揺れ動く』でそこそこ好評を頂きましたのでそれに応えたいという気持ちもあり…。
それまでに皆さんに聴かせられるクオリティのものが作れればいいなと思っています。

とりあえず行動あるのみ、限りある時間の中で制作に励みます。

ではでは。

2015年2月5日木曜日

ディスクリート電源


さてさて最近は機材を作ってばかりですが、もちろん音楽活動も並行してやっております。Laqsheのレコーディングで導入したいものがあり、それを自作すべくまたまた機材作りに励んでいます。

普段はワンオフのカスタムメイドで製作依頼を受けることが多く、基本的には人に売るのを前提に作ることが多いのですが、今回は完全に自分で使うためのものです。

画像は今製作中の±28Vを作るディスクリート電源です。

電源回路は普段は3端子レギュレータで作ることが多く、実際HAやプリアンプ程度の消費電力だとさして問題ないことが殆どですので、レギュレータ自体をディスクリートで1から作ることはごく稀です。(単電源のみで動くアンプのレギュレータはディスクリートで作ることもあります)
実際オールドNeveのモジュール程度だと三端子の電源で十分なことが多いのです。

ですが今回は±28Vというかなり電圧が高い電源の製作です。
御存知の通り、三端子レギュレータだと24Vまでは簡単に作れますが、それ以上になるとLM723などのもう少し大きな電力を扱えるパワーレギュレータが必要になります。
もちろん723などのICレギュレータでも良質なレギュレータは作れるのですが、今回はこだわりの電源ということで、敢えてディスクリートに挑戦してみます。

なので今回は自分の勉強も兼ねて、今後の製作にフィードバックできるよう研究しながらの製作です。

このレギュレータは昔の金田アンプで見られたような左右対称の差動アンプをそのまま電源レギュレータに置き換えたような構造です。
入力段ととドライブ段がモールドのトランジスタとFETで、出力がモトローラの2N3055とMJ2955です。
このメタルキャンTrも最近ではすっかり手に入りづらくなりました。
自分は先日オークションでまとめて入手しましたが、初期のアルミ3055や2955はもうなかなか出てこないので早めに確保したいところですね。

まだ調整中ですのでディスクリートの素晴らしさは実感できていないのですが、これを電源にしたHAを製作予定ですから、ものすごいことになりそうです。

では続報にて!

2015年1月6日火曜日